So-net無料ブログ作成
検索選択

カンタ!ティモール Canta!Timor [映画]

どーも。
今年は梅雨入りが早いようですが、降ってくれて感謝です。
全然雨が降っていなかったので恵みの雨になりました。

仙人ニンニクも元気に育ってほしいなぁ。

さて、先週の土曜日ですが 『カンタ!ティモール Canta!Timor 』
という映画長野の権藤の映画館にいってきました。
久々の大画面で、とってもリアルな映画を見ました。
東ティモールが独立するまでの道のりを追ったドキュメンタリーで、
そこにくらす人々の想像を超える苦悩や苦痛、
信仰心、優しさ、前向きさ、人々の繋がり、そして、音楽
それから、 彼らを攻撃するインドネシア軍(多国籍軍)による
攻撃、拷問、レイプ、殺人、略奪を描いた作品でした。
90年代から2000年代までの恐ろしい現実。今もまだ不安定な情勢。
僕がスノーボードに明け暮れて、楽しく過ごしていたあの頃、
飛行機で6時間の場所での惨い出来事。
知らないだけで世界中で起きていること。

人間てとっても惨い生き物で、とても危なくて、野蛮で恐ろしい生き物だとしみじみ思ったし、
僕にもそういう部分があるのだと恐ろしくなった。
自然と不自然という言葉がある。大自然も同じ言葉(漢字)を使う。
自然からはなれると人は、不自然になるのかもしれない。
不自然が続くとそれが当たり前になる。おかしくなる。
人が自然でいられるように、大自然は欠かせない存在であること。
その大きな存在の中でしか生きていけない。
だから、大切に敬意と恐れを持って、感謝を忘れてはいけない。
忘れると人は不自然になりおかしくなる。
なんてことを考えさせてくれる映画でした。
戦争の裏と表が見える、ある意味かなりエグイ映画ですが、
美しい自然や音楽、人々の明るい笑顔が印象的で、
人の繋がりや暖かみを感じてしまいます。

是非是非、お時間ある方は見にいってみると良いと思います。

カンタ!ティモール Canta!Timor
http://www.youtube.com/watch?v=vQ-e_RNEOoI

長野松竹相生座/長野ロキシー1・2
長野県長野市権堂町2255

 a1.jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。